健康保険に加入している本人を被保険者といいます。法人の事業所では、常時1人以上、個人の経営する事業所(強制適用とならないものを除く)では5人以上の従業員のいる会社や従業員のいる会社や工場、銀行、商店など健康保険法で定められた事業所に働く人々は、本人の意思にかかわらずだれもが加入することになっています。つまり、就職した人はその日に被保険者の資格を取得し、退職または死亡した日の翌日に資格を失います。
 
 私たちは、入社するとその日から健康保険をはじめとする各種社会保険の「被保険者」となり「健康保険被保険者証(保険証)」 が交付されて、翌月の給料から保険料が毎月徴収されることになります。
 健康保険に限らず社会保険の場合は、一定の事業所に常勤で働く人はすべて本人の意思に関係なく、強制的に保険に加入することが法律で決まっています =「皆保険」。 個人が好き勝手に社会保険に加入したり、脱退したりすることは出来ません。被保険者の家族は、 こちらのページへ
 
     
 
     
健康保険組合ダイヘントップへ