被保険者または被扶養者が、病気やケガをしたときは、保険医療機関で保険証を提示して保険診療を受けるのが原則です。しかし、下記のような事情によってはそうはできない場合があります。
  これらの場合は、受診者本人がとりあえず医療費を全額支払い、あとで健康保険組合に請求をして給付を受けることになります。
  この方法はあくまで例外で、健康保険組合がやむをえない事由であると認めた場合以外には支給されません。
  このような給付を「療養費(被扶養者の場合は第二家族療養費)」といいます。
 

1. やむを得ない事由により保険証の提示ができなかったとき
2. 輸血(生血)の血液代
3. 医師の指示で治療用装具を作成したとき
4. 医師の同意を得て、はり・きゅう、マッサージの治療を受けたとき
5. 海外に勤務または旅行中で日本の健康保険の適用を受けられなかったとき
6. 9歳未満の小児が小児弱視等の治療で眼鏡やコンタクトレンズを作成したとき
7. その他、健康保険組合がやむを得ない事由であると認めたとき

 血液代、治療用装具代、はり・きゅう、マッサージ施術料は、それぞれ定められた基準料金内に給付割合を乗じた額が支給されます。
  それ以外の場合は、保険診療に準じた額内に給付割合を乗じた額が支給されます。
     
 
     
健康保険組合ダイヘントップへ